スポンサーサイト

2016.02.17 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    六文銭

    2016.02.17 Wednesday

    0
      真田幸村のカッコいい武勇伝

      「長篠の合戦」で武田軍は敗北。

      この戦の帰り、わずか300人で敗走する真田軍は北条軍4万と遭遇する。発見されれば瞬殺だ。すると15歳の幸村が「父上、私に策があります」と昌幸に進言した。それは無地の旗に北条方の武将の紋(永楽通宝)を描くことだった。しかし、味方のフリをして逃れても怪しまれたら終わり。だが、疑う隙も与えぬ方法があった。夜襲を掛けるのだ。真田軍は50人ずつ分かれ、6方向から襲撃して人数が多いように見せた。
      北条側は旗を見て自軍の武将が裏切ったと思い大騒ぎ。その混乱に乗じて敵陣を突破した。6つの旗に銭が描かれたことから、これにちなんで幸村の旗印は「六文銭」の紋になった。また、三途の川を渡る船賃は6文とされ、当時は棺の中に六文を入れたことから、“真田隊はいつでも死ぬ覚悟が出来ている”という気概を象徴した。

      なるほどですね!これを知るとまた六文銭を見る目が変わります。

      戦国オリジナルアイテムの工場製造直販!
      『すなお屋』
      http://www.sunaoya.com/


      スポンサーサイト

      2016.02.17 Wednesday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする